新潟市南区果樹園「フルーツ童夢山田農園」もも、なし、ぶどうなどのフルーツ狩りを楽しめます。

健康な生活に欠かせないフルーツを十分な量摂取出来ていますか?世界水準で見ても、日本の果物摂取量は比較的少ない傾向にあります。このような状況を打破して、健康で豊かな日本を作るためにも、毎日の食生活にフルーツを取り入れる運動が勧められています。

フルーツの摂取が少ない日本人

健康・美容への関心が高まっている現代では、野菜やフルーツを意識的に摂取する人が増えてきています。
しかし、それでも国が定めている果物摂取量には足りていないのが現状です。その理由としては、いまだにフルーツが「嗜好品」のように認識されていること。そして、食の欧米化やライフスタイルの変化によりファーストフードやインスタント食品など、手軽に食べられる食事を好む方が多いことが大きな要因と考えられます。

1日200gを目安にする

フルーツも野菜と同様に、健康的な生活に欠かせない食品として位置づけられています。
ビタミン類・カリウム・食物繊維・ポリフェノール類などの豊富な栄養素を含んでいるフルーツは、生活習慣病予防に効果的な食品として認められています。農林水産省によって定められた食事バランスガイドでは、果物は1日200g(桃なら2個、梨なら1個、ぶどうなら1房程度)を目安に摂取することが理想的とされています。果実をそのまま味わうことはもちろんですが、スイーツ・スムージー・ドリンクにするなど工夫を凝らすと、まとめて摂りやすくなります。

健康的な毎日にはフルーツを

家族全員が健康で幸せに過ごすためにも、毎日の生活にフルーツを取り入れて下さい。スーパーなどでも手に入るのですが、フルーツ直売店で販売している収穫したての味わい豊かなフルーツがベストです。美味しくてみずみずしい新鮮なフルーツを意識した食生活には、フルーツ直売店のご利用をおすすめします。

新潟で新鮮なフルーツを販売しているフルーツ直売店をお探しでしたら、新潟県新潟市の当園へお越し下さい。
フルーツ狩りで収穫した果実のご購入だけでなく、収穫時期に合わせて桃直売・ぶどう直売・梨直売・洋なし直売など様々な種類の果物直売を行っております。健康に繋がる食生活には、是非当園自慢のフルーツを味わってみて下さい。