新潟市南区果樹園「フルーツ童夢山田農園」もも、なし、ぶどうなどのフルーツ狩りを楽しめます。

スーパーや果物直売店などで糖度という言葉を目にすることがあり、甘さの目安として表示されています。
フルーツを美味しくお召し上がりいただくための知識として、糖度に関する豆知識をご紹介します。

糖度について

糖度は指標のひとつであり、手持ち式屈折糖度計示度やブリックス計とも呼びます。糖度は100グラムに対してどれぐらいの糖が含まれているかを表しており、百分率で計算します。例えば、糖度が10度と表示されている場合は100グラムに約10グラムの糖が含まれていることになります。果物によって含まれる糖度は異なっており、品種や部位によっても糖度が変わってきます。

糖度の測定に必要な糖質

糖度は糖質を測ることで調べることが可能となります。糖質とは、ブドウ糖・果糖・ショ糖といった果物の甘み成分を指します。
糖質はそれぞれ甘みが異なりますので、糖質を測っただけでは実際に食べたときに感じる甘みにはつながりません。
実際にどれぐらい甘みがあるのかを数値で判断するためには、糖質全てを測定する必要があります。
それは手間がかかり、鮮度が重要なフルーツの出荷にも影響します。
そこで、全てのフルーツの糖度を測定する際には、中間の甘みを持つショ糖の量だけを測ることで比較しやすい表示にしています。

糖度の数値と甘みの関係性

糖度の数値が高くなればそれだけ甘い果物となりますが、甘いと感じるためには糖度だけでなく酸味や温度も大きく関係します。
糖度がどれだけ高くても酸味が強ければ酸っぱいと感じてしまいますし、温度によって甘みが増すこともあれば感じにくくなることもあります。糖度の高さは食べたときの甘さと比例しているわけではなく、酸味や温度、そして香りとのバランスが重要になるのです。

新潟市にある当園では、愛情込めて育てたフルーツ直売を行っています。桃直売・梨直売・ぶどう直売・洋なし直売が専門です。
甘さが自慢で、香り豊かな季節の恵みをお楽しみいただけます。フルーツ直売以外にも農園でのフルーツ狩りもお楽しみいただけます。
新潟旅行を計画中の方も、お楽しみのひとつとして当園のフルーツ直売所をご利用下さい。