新潟市南区果樹園「フルーツ童夢山田農園」もも、なし、ぶどうなどのフルーツ狩りを楽しめます。

新潟でフルーツ直売(ぶどう直売・洋なし直売)を行う「フルーツ童夢やまだ農園」なら
愛情込めて育てたフルーツが手に入ります ~桃のルーツとは?~

新潟のフルーツ直売(果物直売)は、太陽いっぱい浴びて育ったフルーツの直売と
フルーツ狩りを行う「フルーツ童夢やまだ農園」へ

新潟のフルーツ直売(果物直売)は、太陽いっぱい浴びて育ったフルーツの直売とフルーツ狩りを行う「フルーツ童夢やまだ農園」へ

新潟フルーツ直売果物直売)を行う農園をお探しなら、フルーツ童夢やまだ農園へお越しください。フルーツ童夢やまだ農園では、桃やぶどう、なしなどのフルーツ狩りと直売を行っています。

フルーツ童夢やまだ農園で栽培しているきのこの廃菌床と米の籾殻を混ぜた、循環型の自家製良質堆肥を使用して栽培したフルーツばかりです。いっぱいの太陽と愛情を受けて育ったフルーツを、農園やご自宅でぜひお楽しみください。

フレッシュで安心して召し上がれるフルーツをお求めなら、桃直売・ぶどう直売・梨直売・洋なし直売で!

新鮮な果物本来の美味しさを最大限に楽しみたいとお考えなら、フルーツ直売を行う農園で直接ご購入するのもひとつの方法です。
新潟のフルーツ童夢やまだ農園では、桃直売ぶどう直売梨直売洋なし直売を行っております。

注文も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

新潟でフルーツ直売を行うフルーツ童夢やまだ農園がお伝えする!桃のルーツ

新潟でフルーツ直売を行うフルーツ童夢やまだ農園がお伝えする!桃のルーツ

新潟でフルーツ直売を行うフルーツ童夢やまだ農園では、桃をメインに様々なフルーツを直売しています。大人から子供まで人気を集める桃には、どのようなルーツがあるのでしょうか。

桃の原産地は中国の黄河上流の高原地帯で、紀元前2000年以上も前から栽培が始まったとされています。中国にあった桃は今の桃よりも小さく、巴旦杏(スモモの一種)ほどのサイズだったそうです。また、かための肉質で頭の部分がとがった見た目をしていました。

日本には弥生時代以前に伝わったようですが、当初は食用ではなく花を観賞する目的で栽培が行われていたと言われています。そして、本格的に食用の桃が中国やヨーロッパなどから導入されたのは、明治時代の頃です。

そのうち、中国から伝わった水密桃系の桃が、日本で品種改良されるなどして白い果実で甘みの強い日本独自の桃になりました。

お役立ちコンテンツ

新潟でフルーツ直売を行う「フルーツ童夢山田農園」

農園名 フルーツ童夢(どーむ)やまだ農園
住所 〒950-1457 新潟県新潟市南区清水8791-2
TEL 025-375-4708
URL http://fruitdome.net